六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 27日

太陽とオリーブの旅

ただいま。

19日間の南ヨーロッパヒトリ旅から帰ってきました。
自分が憧れてた『衣食住』に触れ、日本人・現地人問わずに
多くの方と出会い話し、握手を交わし、世界にアミーゴです。

トラブル自慢は特になく、ドバイーベニスの飛行機でベニス空港で
リュックがターンテーブルに出て来ない・・
2日目のフィレンツェのホテルに届けてくれる手配が
なかなか到着せず、3日目に連絡をすると『今日は日曜だからね』
なんて、イタリアーノの普通に言われる始末。
もう自分の手で取りに行きます!って空港まで行きました。
ベニス・フィレンツェの3日間は同じ服を着て過ごしたことです。
いろんな方にお世話になり、助けてもらえて、笑って過ごせました。

あとは、無茶なプランにも関わらず、ホテルや電車も現地交渉でいけて、
もっとゆっくり見たかったイタリア・ジェノバやスペイン・マラガ、パリなど
後悔もたくさんあるけど、とても満足で価値のある旅になった。

写真がたくさんあるので、またボチボチと地域別にアップしていきたいと
思ってます。

とりあえず、こんな景色と料理を味わってきました。

あ、行程は

ドバイー(イタリア)ベニスーフィレンツェーローマーパレルモージェノバー
モナコー(フランス)ニースーアベニョンー(スペイン)バルセロナー
マラガーネルハーセビーリャー(フランス)パリ です。

19日間で分かる人が見れば、周り過ぎやろ!と言われる強行プランでした。

ドバイ
アルファロメオで知り合った、兄貴な存在の方が駐在員でいるのです。
新市街・旧市街・砂漠、あつい街でした。



d0085790_10252669.jpg
d0085790_10255648.jpg
d0085790_10261141.jpg
d0085790_10262620.jpg


ベニス
絵に描いた、海に浮かぶ街
車が入れなく、交通は船のみ。
静かで小径が多く、テーマパークのようでした。

d0085790_10281474.jpg
d0085790_10282613.jpg


フィレンツェ
好きな小説、五木寛之の『レッスン』の舞台にもなった
憧れの街。
憧れが大好きな街になった。夢と歴史と人臭い街。
また行きたい。

d0085790_10301693.jpg


ローマ
『ローマは1日にしてならず』
ほんとうに、街と大昔からの遺跡が混在してて魅力的だった。
ミミさんの親御さんと遊んで、暖かい時間になった。

パレルモ(シチリア島)
南イタリアのギラギラした雰囲気。
市場でもリストランテでも、海鮮の美味いことといったら、もうそりゃ・・


d0085790_1033581.jpg
d0085790_10341285.jpg


ジェノバ
海と山と港の、神戸と似た街。
イタリアでも南部と北部では全然違う。
ジェノバは落ち着いた街だった。
『魔女の宅急便』の街のような・・・

d0085790_10365399.jpg



d0085790_10415097.jpg


モナコ
ニース
F1・モナコGPの1週間前。
もうコースやスタンドも出来上がってきて、市街地コースだから
車小僧としては夢の地を歩く。
モナコもニースも駆け足で行ったけど、
やはりあそこは、お金と時間をかけて過ごす場所です。

d0085790_10444450.jpg


アベニョン
南仏・プロバンスの、昔に首都があった街。
とても落ち着いた、オシャレな街でした。
プロバンスといえば『匂い』
安宿でもリネンに香りがこびりついていて、夢心地でした。

d0085790_10464510.jpg


バルセロナ
ガウディーのサグラダファミリア。
いまだ建築中の遺跡教会。
ふつーに建築士や大工が作業してます。
いろんな遺跡をみたけど、今まだ続く情熱に関心しきりでした。

d0085790_10492591.jpg


マラガ
マラガは太陽と情熱の国・アンダルシアにある。
マラガにステイしたのは、そこからバスで2時間のとこにある
ネルハとフリヒリアナという街に行きたかったから。
ネルハは『地中海のバルコニー』と呼ばれている。
フリヒリアナは山に巣をつくるようにある白壁の小さな小さな街。
夢時間でした。
マラガのバルは最高。タパスとエスパニョール親父と熱い夜でした。

d0085790_1054332.jpg
d0085790_10544913.jpg
d0085790_1055458.jpg
d0085790_10551815.jpg
d0085790_10553174.jpg
d0085790_10554513.jpg


セビーリャ
セビーリャはアンダルシアの中心街。
フラメンコの発祥地です。
ここも素晴らしいお城があり、なにかお祭りがたまたましてました。
しかし、日曜とお祭りは街ごと休んでしまうヨーロッパ。
お店も閉まってて残念でした。

パリ
セビーリャからバルセロナを通り越して、夜行電車でいっきにパリへ。
センスの溢れた街でした。
パリで話題のレストランにも予約無し・ひとりで行き
『カウンターならいいよ』ってバクス地方の芸術に酔う。
街で買い食いするパンも溢れる美味しさ。
あぁ、あれがパリの光だ!とは、ほんとキラキラしてました。


d0085790_112559.jpg
d0085790_1121730.jpg
d0085790_1123371.jpg


神戸に帰ってきて、ふと思ったこと。
三宮交差点に立って、静かだと思った。
南ヨーロッパやパリの、喧騒とクラクションの音。
全身で浴びて、日焼けして帰ってきました。

帰りの飛行機からの光と、
フィレンツェーローマ間の駅名。

d0085790_1153145.jpg
d0085790_1154999.jpg

セイジ・ジョバンニ
[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-05-27 11:15 | 2008.5 Europeの旅
2008年 05月 13日

ROMA de HOLIDAY

ima roma no internetcafe desu

kyouha amedesu

asitaha sichiria desuyo-

e-to,,
keitaidennwa no zyudennki wo
matigatute motekimasita

nanode

keitaiga tukaemasen

mosi

kyuyouga areba
mixi ka
enthucircus@yahoo.co.jp
ni renraku kudasai

imakara
annhime to de-todesu

arrivederci!
[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-05-13 19:32 | 2008.5 Europeの旅
2008年 05月 06日

よろっと、ヨーロッパへ行きます。

よろっと=そろそろ という意味の方言。
好きな響きで良く使ってます。

明日から、3週間ほどヨーロッパへヒトリ旅してきます。
リュック背負ってね。
帰りは思い出一杯になるから、行きのリュックは少なめで行こうって
思ってたのに、、パンパンや。大丈夫かな。
まぁ、思い出って言っても、荷物にならない思い出もやから良いかな。

まず、ドバイに行って、アルファロメオを通じて知り合った、兄貴的存在の方が
長期出張で暮らしてるから遊んできます。

で、ベニスからフィレンツェ・ローマ・シチリア島パレルモへ南下し、
飛行機で南仏へ出て、モナコ・ニース・プロバンス地方へ、
ベルセロナからスペイン・アンダルシア地方、
最後はパリで遊んで帰ってきます。

なんでこんな旅をしようと思ったか、覚えてないのです。
理由はない。行ってみたかった。場所にも旅にも。
小学生からヒトリで青春18切符片手に旅をしてきた。
海外のバックパックは初めて。もちろん、英語すら話せない。
全身で感じてきます。

写真、たくさん撮ってきますね。

行ってきます。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-05-06 19:58 | 2008.5 Europeの旅