六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 03月 21日

ここに越して丸2年

今日でこの家に引っ越して丸2年です。
あれから2年も経ったんだと、気絶しそうな時の早さを感じます。
振り返る暇もなく前進したと思える。
自己の目標を起てて向かってるのもあるけど、
みなさんが僕の背中をぐいぐい押してくれるから前進できてる。

リレーマラソンで蔵元校長から事前に連絡をもらい
『たすきに全員の名前を書いてそれを繋げるから
  小野君がアンカーでゴールするんだよ』と云われた。

いつも大切に想ってくれる仲間、初めてお会いした方、
足を痛めてしまい、でもそれでも伴走して二人三脚で
繋いでくれたDENさんとちえさん。

アンカーとして、その大事なたすきを運ばせてもらって、
正直、辛いなぁと思って足を緩めようとしたら声援があって、
ほんとみんなのお陰で精一杯ゴールまで走れた。

まさにこの2年間だと思い、この2年、このマラソン、仲間があったから
この先に辛いことがあってもメゲズに前を向ける。自信になる。

全てにおいて後悔はない。
前進するから、やれることをやるから納得してるんだ。
そんな周りが育ててくれてる環境にこれからも感謝してます。

六甲番外地・テラス会文化祭・ヨーロッパヒトリ旅。
もう最高です。大好きです。ありがとう。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-03-21 03:20 | 考えるモノ
2008年 03月 18日

チーム一弾!リレーマラソン

3月16日、晴天のなか大阪城リレーマラソンに
チームテラス会と、この参加のきっかけをくれたクリエーター集団、
チームラブジャックと一緒に参加してきました。

毎年開催されてるリレーマラソン。
42.195kmを最大21人、1人2kmでたすきを繋げます。
テラス会は19人で参加。何人かが2人分走りました。
参加が決まったときから、男・蔵元校長が指揮官に。
まとめやく、幹事はもちろん、前日の場所取りや更衣室なテント張り、
プラクティスを指南したオリジナルDVDを、
作成し、夜に車で宅配してくれた。トビナッツさんに並ぶマメ男です。
テラス会男子は、おっとこまえが揃ってますわぁ。

結果としては、こっそり焼肉かけてたラブジャックに負けて、後日、
焼肉行ってきます。おごらなあかんけど、また笑いたい方は参加表明して下さい。

マラソン終わってからは、恒例の大縄跳び。

打ち上げでは、サプライズバースデェー。

もう、何から何まで仲良くて、笑って、天気も気持ちも暖かくて、、
一生モンの思い出のイチニチでした。

みんな、蔵元さん、ありがとう。



d0085790_15161370.jpg
d0085790_15162465.jpg
d0085790_15163799.jpg
d0085790_15164767.jpg
d0085790_15165742.jpg
d0085790_1517867.jpg
d0085790_15171816.jpg
d0085790_15172891.jpg
d0085790_15173783.jpg
d0085790_1517471.jpg
d0085790_15175758.jpg
d0085790_1518857.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-03-18 15:18 | 出掛けモノ
2008年 03月 11日

夫婦について。

春がきました。
暖房のない今夜。
カバンの手袋にありがとうを告げ、片付けた。
シャツにジャケットが嬉しくて、ケーキを手土産にしたり。
キャッチセールスの立ち話が苦にならなかったり・・

そう、今日の昼間に三宮のマルイ前で宗教活動の青年にキャッチされました。
まず、アンケートといわれ立ち止まり、宗教や自己啓発な話になりました。
嫌いじゃない話なので、会話を交わしました。

青年がこんな話をしてくれました。
『自分の周りの人間で、どうしても合わない人がいる。
それは、お互いの先祖が、例えば殺したとか土地を奪ったとか、
とても憎み合っていて、だから今の世代になっても憎んでしまう。

そして、イチバン合わない人と会うのが結婚であり、会社の同僚だと。
先祖は自分達が憎み合ったまま、仲良くなれずまま死んだから、
子孫に和解を望んでいる。
夫婦なんて合わないもの同士で、憎み合うものだ。
それを歩み寄り、和解しながら添い遂げることで先祖の供養になる。
そう先祖がくれた試練であり、幸せの形だと。』

途中で挫折した自分には胸に響いた。



d0085790_2319562.jpg
d0085790_23192049.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-03-11 23:20 | 考えるモノ
2008年 03月 09日

天使が舞い降りる六甲番外地

大好きなデザイナーが言っていた。

『何時間PCの前に座っていても良いデザインが浮かばないときは浮かばない。
  ふと目の前に天使が降りるときがある。
   そのときは、アイデアの洪水になる』

僕もレシピを考えていて、偉そうだけど天使を見たことがある。
ヒントしかくれない天使だけど、毎日の積み重ねがあるからこそ、
派生して自分のものになる。毎日、料理してますよ。

さぁ、みなさん!
3月23日は『六甲番外地』です。
天使を背負った猛者が集まります。
僕も料理で参戦します。
定員40名でまだ若干の空きあり〼
要予約です。メールください。

詳しくはトビナッツブログ

これ是非読んでください。(クウネル=僕)
涙流してしまったほど、僕もこと書いてくれてます。
ほんと、トビナッツさんと出会えて良かった。
みんなも最高のマメ男・トビナッツに会いにきてください。

d0085790_2029458.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-03-09 20:29 | 持つモノ
2008年 03月 03日

農家もクリエイター

いま僕が食べてるお米はこめたびといって、
秋田のプレミアム農家から直で送ってくる。
味は語るに及ばず美味しい。生産者が見えるから安全だ。
でも、こめたびを通じて知ったことは、農家も消費者の顔を見たいということ。
こめたびの箱に米と一緒に農家から手紙が入っていて、
『いままで1等米をJAに卸していたらいい、とだけ思ってきたが、
自分で梱包してお客様に送り、リピート注文やお返事がきたら嬉しい。』
と書かれていた。

先週末の土曜に、谷町6丁目のギャラリーであった今川咲恵・うさぎ組組長
の絵本個展に行ってきた。
自分で保育ルームを運営するかたわら、絵本を書き、いつも子供と触れてるから
こそ発想するメルヘンで夢のある物語。
個展に来られる方々も老若男女で、盛況でした。

そのギャラリーから50Mほどのとこで、知り合いの方が
大阪地野菜を日にち限定で売られていて、その日程に合わしたのもありました。
看護士をされてる女性で、ケータリングと野菜行商をされてる。
地野菜は、繊細で数も少ないため、市場流通が困難で、生産が激減してる。
そんな農家に直接出向き、傷ものなども含めて買い付け販売されてる。
今夜の晩御飯の弁当に水菜サラダをしましたが、弁当なのに終始パリパリでした。
買いにきてる方々も、小話もでて、日頃のスーパーでは無い光景。
手間やコストをケチるから偽装や衛生な問題が起こり、不信が募る。
少々高くても、農家の息づかいがとれるモノを感じていきたい。

宣伝と相談ですが、
4月13日のテラス文化祭に、こめたび・今川さん・野菜直売は決まってます。
今後のことになりますが、誰か神戸近郊で農家の知り合いはいませんか?

d0085790_3232439.jpg
d0085790_3233997.jpg
d0085790_323527.jpg
d0085790_324310.jpg
d0085790_3241720.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-03-03 03:24 | 食べるモノ