六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2007年 08月 27日

14歳の読書感想文

夏休み最後の日曜日。
読書感想文でも書いてみます。
タイトル・石田衣良 『4TEEN』


自分がもし戻れるなら、いつに戻りたいか?
僕は高校です。もっと以前、小学生にでも戻って、イチから勉強・・なんても思うけど、
高校と考えるのは、かけがえのない友達と出会えたから。

この『4TEEN』も、14歳の中学生が、かけがえのない友達4人で、東京・月島を
舞台に遊びや恋や性、病気、死などを共感し感じ合っていく作品でした。

神戸の郊外の中学校で育った自分と、銀座が目と鼻の先の月島で育つ彼らと、
自分とは10年違う時代背景の物品感覚の違い。もちろん異性に対することも。
遥かに大人な14歳だけど、悩む規模が違うだけで、基本は同じ。
自分もあった好奇心や街への憧れ、対立するグループへの喧嘩の怖さ、
親への不満、裕福な友達への嫉妬、誰が初めに彼女を作るか。
大人になったいまも似た感覚で存在するソレに、懸命に努力しながら、
自分達の感覚や自転車で駆け回る彼らを見て、もっと素直に仕切り直したいと
思わせてくれた。友達がいれば何とかなる。誰かが笑ってくれる。

最後の章で、誰にも言ってない秘密をバラすシーンがあり、
それぞれが正直な気持ちを告白する。
自分のイチバン弱いとこをさらけだし、でもそれが出来るのが強いってことだと云う。
親が子供に暴力を振るう家庭のダイ君が云う。
『暴力を受けた子供は、その子供にも暴力を振るう。虐待の連鎖だ。
オレは自分が怖い。未来のオレが怖い。大好きなもの、一番小さなもの、
オレの子を、この手で壊すかもしれない自分が怖い』
 そして友達が云う
『ダイはきっと幸せになる。ダイの子供も同じだ。
鎖はダイが気づくことで切ったんだ』と。

そして最後にテツロー君が云う。
『僕が怖いのは変わることだ。みんなが変わって、いまここの気持ちを忘れることだ。
大人になり、あれは中学生の戯言だったと。そんなときこそ今の気持ちを思い出そう。
変わっていいことがあれば、変わらないほうがいいこともある』

教えてくれるのは、いつも仲間だ。
親は大切だけど、教師や上司も偉いけど、親友は遠くからでもいつも感じてくれてる。
それに甘えてはいけないかもだけど、大事に素直に思っていきたい。
いつもありがとう、みんな。
そしてありがとう、4TEEN。

ちなみに、そんな最後の日曜は今夏初の海水浴で明石の林崎に行き、
夜は月が綺麗だったから、テラスで七輪だして明石の魚を焼きました。

d0085790_138798.jpg
d0085790_1381911.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-27 01:38 | 読むモノ
2007年 08月 23日

雷まで芸術鑑賞なテラス

夜景も朝日も花火も綺麗けど、カミナリまで綺麗に映るテラスでした。
ジョバさんとカツコ先生と興奮鑑賞しました。
もし被害に合われた方がいれば、申し訳ありません。
d0085790_0325134.jpg
d0085790_03328.jpg
d0085790_0331220.jpg
d0085790_0332128.jpg
d0085790_0333149.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-23 00:34 | テラスなモノ
2007年 08月 20日

夏終盤のスイカジュース

『スイカがあるなら、スイカジュースを作ったら?』
と云われて、ほぉ、、と思い作ってみました。

コップ3杯分
・スイカ 1/4玉  適当にカットして種は除いて。
・グレープフルーツ 1/2〜1個  搾り汁のみ
・グラニュー糖 小さじ2
・氷

ミキサーで混ぜる混ぜる・・・

けっこうスッキリでゴクゴクいけました。
スイカのジュースはほんと美味しいのですね。
先日、カフェで向かいに座った素敵な女性が美味しいと飲んでました。
見た目も綺麗です。
例えばアルコールと混ぜてアペリティフ(食前酒)としていいと思う。
どんなリキュールがいいなかぁ。アドバイスください。
ノンアルコールでも、こういうのをビストロテラス会でサーブするのもいいかも。



d0085790_21503987.jpg
d0085790_21505220.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-20 21:51 | 食べるモノ
2007年 08月 20日

世界報道写真展

今夜、梅田のブックファーストで手に取った雑誌『FIGARO』のバックナンバー号の
『地中海の島へ』に心を動かされた。
村上春樹の『遠い太鼓』でも登場したギリシャ・ミコノス島など、エメラルドグリーンに
映る白壁の建物が、自分のなかで忘れかけてた憧れを想い返させた。
この世界の見てみないと、自分の将来はブレると感じた。
近い将来、この絶景小島風景を見ようと決めた。

その後、ハービスホールで23日まで開催されてる『世界報道写真展』を見にいった。
毎年開催されてるのは知っていたが、初めて訪れた。
アジア人、黒人、白人、動物、軍人、難民、爆弾、瓦礫、、
言葉に出来ないから写真で教えてくれる事実があった。
オットセイがペンギンを水中で食べる写真があった。
ジダンが頭突きして退場する写真があった。
米兵が女性を逆さ吊る写真が並んでいた。
どれも生きていくうえで必要な行為なんだと思えた。
その写真を撮ったカメラマンも含めて。

僕が大好きな小説、大沢在昌の『夏からの長い旅』はベトナム戦争の戦場カメラマンの
話だが、仲間が流れ弾で死んでいく写真で、世界の新聞の1面を飾る意味に苦しむ姿が
描かれている。

レバノンの空爆後の、22分間のショートフィルムも公開されていた。
おばさんが『過去を乗り越えて生きていかなきゃならないのに、未来もない』と言っていた。
瓦礫になった自分の家のまえで子供が『家は大事』と言っていた。

僕なんかには到底難しい問題で、何も出来ないけど、
写真が好きなヒトリの人間として、出来るだけ多くの笑顔と記憶を撮って残していきたい。
もちろん愛する人々も大切にしていきたい。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-20 02:43 | 考えるモノ
2007年 08月 18日

BMW8万キロ走破記念朝焼け

モヤッとした気分の夜中、深夜の暴走族をしてきました。
するとオドメーターがついに8万キロに。
バイクで8万キロは、BMWならではの勲章だと思うのです。
最近、ブレーキのローターを交換しました。
まだまだ行けそうな相棒です。
夜が明けそうだから帰宅したら、こんな綺麗な朝焼けを魅せてくれました。

今日は昼から仕事です。
それまでおやすみなさい。

d0085790_583222.jpg
d0085790_584585.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-18 05:08 | 乗るモノ
2007年 08月 17日

証明写真

履歴書・パスポート・免許証・願書。
自分を書面で通知するときに必要となる顔写真をスピードプリントで撮る。
あの小さな箱のカーテンを開けてなかに入る時は、
人生の新しい扉を開けるのと同じな気がした。
今から撮る写真で、5年間つき合うか、一生を決められるかは別にして、
ワクワクと不安を隠しつつ、自分しかいないレンズに向かって
笑顔とは云えないスマイルを創りだす。

神大生協の箱に入ったが、『JJでも紹介された綺麗に撮れるプリント』と壁面に書いてるだけ
あって、とても明るく、美白に写った。

何年かぶりの証明写真だったが、
証明写真を撮らなくていい人生はつまらないかも知れない。
d0085790_1574812.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-17 01:57 | 考えるモノ
2007年 08月 14日

国産発酵和紅茶

飲み物の話題を続けますが、
これもお土産でいただきました。
京都・伏見『椿堂』の和紅茶。

茶葉の知識として、茶葉を不発酵のが『緑茶』、半発酵が『烏龍茶』、全発酵が『紅茶』です。
その中にブランドがあり、かりがねとか、鉄観音とか、セイロンとかあるのです。

この和紅茶は『やぶきた』を全発酵した和紅茶です。希少な変わり種です。
『渋みや苦みが少なく、無糖でお飲みいただけます』と表記してるように、
ほんとスッキリしてて、お茶の良いとこ取りな感じです。
センスに良い土産ですよね。いつも素敵なモノや想いを提供いただき、ありがと。
史朗さんのウツワとの、お互い和洋な雰囲気がマッチしました。
次はアイスで飲みますね。
d0085790_14155627.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-14 14:15 | 食べるモノ
2007年 08月 13日

憧れのカフェ ド ランブルを土産でいただく

東京・銀座に『カフェ ド ランブル』という喫茶店があり、僕の憧れの場所です。
大好きな雑誌『ku:nel』でランブルの記事があり、美味しいと評判の仙台にある
喫茶店『機屋』のオーナーがランブルに通い詰めて技を盗んだとも書いてました。
ランブルはコーヒーだけの店らしく、その中のアレンジコーヒーで
『カフェ ウフ』があり、なんと卵黄が入ってるそうです。飲んでみたい。

先日、友達が東京に行くと言っており、『ランブルという喫茶店があって・・・』
と話していたら、なんと実際に足を運びウフを飲んだらしく、お土産で豆を買ってきて
くれた。憧れの味がこんな形で実現するとは思ってなく、嬉しすぎます。

丁寧に挽いて、丁寧にドリップしました。
グアテマラを飲み、この豆は深いのが特徴なのに、確かに深いのだけど
苦みが口から引くのがとても早い。濃いのにスッキリ。美味しいです。
友達曰く『ランブル、一杯一杯丁寧にいれてくれてるんだろうね、
珈琲が出てくるまでの方が、飲んでいる時間より長かったよ。』と言ってました。
ますます行ってみたい。しかし、飲んでみたいメニューが多すぎて、
1回訪れるだけでは収まらないなぁ。

ごちそうさま。ほんと嬉しかったよ。ありがとう。
d0085790_23411835.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-13 23:41 | 食べるモノ
2007年 08月 07日

包丁を研ぐ

僕の愛用の包丁は京都錦市場の鍛冶屋『有次』モノです。
切れ味や存在感を期待して買ったけど、それ以上に『共にする』感覚に心を奪われてます。
素材が鋼で、使ったまま、洗ったまま置いておくと、アッという間に錆びる。
見た目も汚いし、切れ味も悪くなる。
寿司職人が、サシミを切ったあとに布でサッと包丁を拭くのは、この為ですね。
だから月に1度くらい研ぎ石で研ぐ。最近はテラス会前に研ぐ。
集中して、シュッシュッと。
何も考えない。包丁しか見てない。時々刃先に触り、ヒトリ頷き、また研ぐ。

まるで自分磨きと似てますね。
本を読む。歩く。勉強する。考える。
もっと研ぎすましていかなきゃね。
d0085790_2319249.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-07 23:19 | 持つモノ
2007年 08月 07日

am5:00 

今から仕事に行ってきます。
夏の早起きはお得です。
d0085790_534632.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-07 05:03 | テラスなモノ