六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2006年 10月 31日

ケンタロウ師匠

本日の読売新聞の広告に料理研究家のケンタロウ特集がある。
ケンタロウの顔写真の横に吹出しで『うまけりゃ それでいい』と書いてる。まさしく僕もそう思う。オーガニックな野菜や、夕食時は5品以上のおかずが必要だ!なんて僕は言いたくない。食べたいものをガァァーと作り、ムシャムシャグビグビと食べ、『美味かったぁ』のヒトコトが出れば幸せである。ケンタロウがこの記事でこんなことを書いてます。
『食べるために料理をする。外食も美味いけど、自分が食べたいものを、どんな味にしても、自分が好きなように作る。少なくとも自分にとっては美味い。そしてその料理を相手に出したとき、『うまい』って言ってもらえたら、本当に幸せです』

ケンタロウの料理が好きで、レシピ本も何冊か持ってる。この感性が好きだから料理も共感するんだ。

ごちそうさま。おいしかった♪
[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-10-31 12:50 | 食べるモノ
2006年 10月 31日

秋の伊賀の里 ツーリング

三重県と奈良県の県境 『伊賀』へ会社のバイク仲間6台でツーリングに行ってきた。
毎度のツーリングは、景色よりコーナリングなバイクチームですが、今回は観光がメインでした。
場所は『赤目48滝』と『曽爾高原』
赤目48滝は、遊歩道沿いに48個あるのかは知りませんが、沢山の滝があり、マイナスイオン出まくりでした。遊歩道を全行程歩くと約2時間ほどの行程だそうですが、僕たちは30分ほど歩き、満足しました。ただ、パンフレットに雄大な滝の写真があり、奥に進めば進むほど、それらの滝に出会えるようで、オートバイウェアを着てないときに散策してみたかったです。
赤目48滝から30分ほど走り、曽爾高原へ。
曽爾高原は、少年自然の家やレストランがあるような施設の整った高原で、ススキが有名なこの季節は車の数も驚くほど多かったです。

神戸から阪神高速・名阪道で2時間ほど。ちょうどいいドライブコースだと思います。

今回、バイクの写真を1枚も撮りませんでしたが、また自分のバイクに惚れたツーリングでした。

d0085790_2213314.jpg
d0085790_2215089.jpg
d0085790_222555.jpg
d0085790_2222165.jpg
d0085790_2223557.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-10-31 02:22 | 出掛けモノ
2006年 10月 27日

サヨナラから、をもう一度

もう一度感じたくて、サヨナラCOLORを見た。

寄り道しても、一生どこかで想い続けるのもいい。
しつこくてもいい。

エンディングでテーマソングが入ってくる。
いままで見た映画で、このシーンが最高だったのはセカチュウの瞳を閉じてだ。涙がとまらなかった。サヨナラCOLORも良い。心の温度がより上がる。そんな感じです。

『愛することは、長い夜に灯された、一条のランプの光だ。』
[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-10-27 21:20 | 考えるモノ
2006年 10月 24日

サヨナラCOLOR

生きてるうちに見ておきたい映画。
いま、見ておいて良かった映画。

『サヨナラCOLOR』を見た。
竹中直人監督兼主演、原田知世主演。
劇場公開の時から気になっていて、縁あって借りて来て今夜見た。

思いは力になります。
思いは口に出さなきゃ伝わらない。

遠回りしたっていいですね。遠くから願っています。ありがとう。

  映画の主題歌・ハナレグミのサヨナラCOLORの歌詞です。

  そこから旅立つことはとても力がいるよ
  波風たてられること嫌う人 ばかりで

  でも 君はそれでいいの?楽がしたかっただけなの?
  僕をだましてもいいけど 自分はもう だまさないで

  サヨナラから はじまることが たくさん あるんだよ
  本当のことが 見えてるなら その思いを僕に見せて

  自分をつらぬくことは とても勇気がいるよ
  だれも一人ボッチには なりたくはないから

  でも君はそれでいいの?夢の続きはどうしたの?
  僕を忘れてもいいけど 自分はもう はなさないで

  サヨナラから はじまることがたくさん あるんだよ
  本当のことが 見えてるなら その思いを 捨てないで

  サヨナラから はじまることがたくさん あるんだよ
  本当のことは 見えてるんだろ
  その思いよ 消えないで
  その思いを 僕に見せて


d0085790_2357378.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-10-24 23:57 | 考えるモノ
2006年 10月 23日

思い出機関車どこまでも

人は、いろんな記憶や思い出を燃料に走る機関車なんですね。
いい思い出、悪い思い出、誇れる思い出、恥ずかしい思い出、、結局は記憶となり、それを肥やしにして前を向いて走るんですね。

どんな思い出でもいいから、たくさん自分に積んで力強く走り続けたいです。
シュポシュポ・・・


話しは変わりますが、TUTAYAで『カモメ食堂』と『2001年宇宙の旅』を借り見ました。
カモメ食堂は、小林聡美・もたいまさこ・片桐はいり、とお馴染みの3人がフィンランド・ヘルシンキ舞台での話しです。キッチンツール・家具・洋服・風景がインテリアショップのようにオシャレで、心の温度も上がります。僕は見て以来、コーヒーにおまじないをしてます。
宇宙の旅は、スタンリーキューブリック作品で、時計じかけのオレンジに続き見ました。人生で見ておいたほうがいいと思える作品です。想像を越えます。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-10-23 10:19 | 考えるモノ
2006年 10月 17日

秋のポジティブとアフターダーク

先日のテラス会で、寝転がって空を見ることを知った。
ゴロンとして、ボーっと眺める。

今日はキチンと寝転がろうと、マットレスを出して昼からゴロンとした。
読む本は村上春樹の最新文庫『アフターダーク』。深夜の街で生きる物語を、サンサンな太陽の下で読む。

すると母親からメールがきた。
そのメールによれば、今日の昼から明日の昼にかけて、高次元から紫外線パルスビームが地球軌道と交差し、ハートチャクラと共鳴し、思念・感情・意図・意思が100万倍以上に増幅され、どんなネガティブもポジティブに変わるそうだ。静かな屋外で願うべし、だと。

これは今日の自分には都合がよすぎる。
しかし、ネガティブな代名詞の村上作品を読みながら、ポジティブになれるだろうか・・

あまり炭酸水は好きでなかったけど、1日ペリエを飲んでると美味しくなってきました。
夕焼けにペリエが染まりました。
d0085790_17403388.jpg
d0085790_17405039.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-10-17 17:41 | テラスなモノ
2006年 10月 16日

荷物にならない思い出を持って

歩きでお遍路できる自分が幸せだと感じた旅でした。

10日間、約300kmを歩いてきました。
徳島・1番霊山寺から始まり、高知・28番大日寺で打ち切りました。
いろいろな人に出会い、話をして、共感して泣きました。
自分はアリのようだと思いました。歩くスピードも遅く、存在も小さい。
でも、そんな僕でも『お接待』といって地元の方々が食べ物をくれたり、泊まる場所を用意してくれたり、優しい声を掛けてくれたりします。なんの甲斐性もない遍路なのに、一人前の遍路として扱ってくれます。
遍路の世界には人間がいました。お金や立場な肩書きで人を区別しない、動物本来の人間がいました。お接待で優しくしていただき、『頑張りや』の一声でも、とても嬉しく、ちょっとした気持ちで、された方はここまで嬉しく感じれるのかと感じました。焦って、我先にと進んでも自分の心は汚れるだけで、進まないと感じました。綺麗で大切なものを見逃します。人に優しく出来たら、相手は先に進めるし、自分も気持ちよく前進できることを学びました。

d0085790_3482032.jpg

お接待でブドウをいただきました。
歩きながら食べました。
d0085790_3502861.jpg
d0085790_3504296.jpg

12番焼山寺の登山道。別名『遍路ころがし』といわれる難所からの景色と、山道に突如現れる弘法大師の像。あまりに辛い道で現れるから、驚き無心で手を合わせました。
d0085790_3542751.jpg
d0085790_3544641.jpg

道沿いの牛舎で。なかなか愛嬌ある牛でした。
d0085790_358987.jpg

街をあげて遍路を応援してくれます。
d0085790_3584589.jpg
d0085790_359015.jpg

野宿した寺の看板犬。弁慶という名前で、首輪に数珠をしてました。
d0085790_403616.jpg
d0085790_404988.jpg
d0085790_41218.jpg
d0085790_411479.jpg
d0085790_412588.jpg
d0085790_414894.jpg
d0085790_42257.jpg
d0085790_421839.jpg
d0085790_423141.jpg



ひとり歩き同行二人
d0085790_445899.jpg
d0085790_451251.jpg


ある住職が教えてくれました。
『お遍路は自分の意志で来たんじゃなく、呼ばれたんだ』と。
また呼ばれたら、迷わず行きます。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-10-16 04:06 | 出掛けモノ
2006年 10月 02日

四国遍路ひとり歩き

先日カットしたサロンで、安藤忠雄特集の『BRUTUS CASA』を手に取り、その中にこんなコメントを見た。

『僕は経済的な理由で大学進学を断念し、その代わりにヨーロッパへ多くの建築物を見に行こうと決心し、ナホトカ号でロシアに渡った。』

その記事を見てると、スタイリストの方がこんな話をしてくれた。

兵庫県立博物館で、ある夏に安藤氏と建築を志す大学生との座談会があり、会は盛り上がり、ある広島から来てる男子学生が最終新幹線に乗れなかった。
そこで安藤氏は『夏休みで学生なんでしょ。歩いて帰りなよ』と云った。
学生は1週間かけて歩いて帰り、道中で見たモノ感じたモノに感動し、安藤氏の御陰でこんな体験が出来た。ありがとうございます。と手紙を書いたらしい。
安藤氏は『ほんとに歩いて帰ったの?すごいね』と返したらしい。

僕は明日から2週間ほど、四国お遍路に行ってきます。
ヒトリで歩いて、徳島・鳴門の1番寺から、札場順に高知へ向かいます。
未知の世界で、いままでの人生の中で1番力量が試されると思う。
『なにか』を探し、『目的』を持って、歩いてこようと思う。

仏教の基本は『随縁業』
坊主をするサロンでこんなことを知れたのも縁。
明日から出会う人・景色・教え・苦・楽も縁ですよね。

しばらくblogは休憩です。
いってきます。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-10-02 20:59 | 出掛けモノ