六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:出掛けモノ( 68 )


2010年 09月 13日

夕焼けと悪人

いま話題の映画『悪人』。
妻夫木さんと深津さん主演ので、マジックアワーも然り、好きです。
これのエンディングの舞台が先日行って来た五島列島福江島の『大瀬崎灯台』だと知りました。
d0085790_18245726.jpg
d0085790_18244540.jpg
d0085790_18243585.jpg


福江の中心街からクルマで1時間弱。いわば果てな場所で、駐車場にクルマを置き、
山道的な遊歩道を歩くこと20分。『キタゾー』と思える場所です。
ここ、全国的にも有名な夕日スポットで、初日の夕日を観に行きましたが、
少し曇っていて絶景とはいかなかったけど、コントラストを味わいました。

しかし、どこにも『映画の舞台』的なアピールはなく、閑散としてて、
これから多くの方が訪れるのか、ほんと気づかずの大瀬崎でした。

今日は三日月ですね。
秋の夕暮れになってきました。
d0085790_18313067.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2010-09-13 18:31 | 出掛けモノ
2010年 09月 02日

旅がメインテーマ 五島列島へ

8月末から9/8まで、有難いことにお店が10日間夏休みです。
『インプットなければアウトプットできない』
という遊び心優先の言い訳として、素晴らしいお店であります。

そして僕は、ずっっっと、なぜか、なにがあるのかも知らないけど、
行ってみたかった長崎は五島列島へ。

三宮から長崎行きの夜行バスで向かい、長崎港からフェリーで100km 3時間半の旅。

いざ!
d0085790_9571551.jpg


相変わらずであるけど、ノープラン、ノーリザーブの旅で、
まず着いて港前のレンタカー屋でレンタル原付を借りる。
途中で雨に降られたりもしたけど、手足となってくれた良い相棒でした。
d0085790_9593532.jpg


五島列島は大小たくさんの島からなり、そのなかで最大なのが滞在した『福江島』
いま五島は世界遺産登録に動いているが、基本は上五島といわれる『中通島』周辺だ。
と、こんなことは現地で知ったことなので、今度は中通島に行ってみたいです。。

今回、現地の人に聞いて教えてもらった素泊まりの宿のオーナーに大変お世話になり、
オーナーは五島を活性させようと奮起してる発起人。
自分が食が好きで、飲食で働いてると話すと、五島の食材と神戸とで繋がりを!と
たいへん盛り上がり、市会議員を交え、地鶏や、市会議員さん自身の畑に連れてってもらい、
それはそれはローカルに刺激と希望に満ちた時間になりました。

d0085790_1094159.jpg

オーナーが作ってくれた『五島そば』
地鶏のダシで濃厚汁。かなり美味しいです。

d0085790_10104856.jpg

議員さんが晩御飯で作ってくれた『特製 鯵丼』
少し甘めのタレと、タマゴ、新鮮なアジがサイコー!

d0085790_1013831.jpg
d0085790_10125193.jpg

議員さんと、養鶏員さん。
地鶏の名前は『さざなみ』
これはオスで柄がさざ波に似てるから。メスはカラスのような真っ黒な鶏でした。
地元産物に掛ける希望と情熱。地方の農業の熱さを感じました。
後日、丸まま1匹(もちろん捌いて)送ってもらう手だてにしました。

d0085790_10181349.jpg
d0085790_1018261.jpg

これ、なんの畑か分かりますか?
生姜です。僕も初めてみました。
議員さんの個人畑で、お店で使うジンジャーエールの生姜として取引予定。
ニンニクも作っていて、国産ニンニクが格安で手に入りそう・・・


あとの五島日和はバイクで観光地やら、地元人から聞いたスポットを散策。
やはり海!山!隠れキリシタンを支えた教会。
遣唐使の時代、ここが日本最後の寄港だったので空海聖人の足あとも多く。
d0085790_10233546.jpg
d0085790_10232135.jpg
d0085790_1023586.jpg
d0085790_10265838.jpg
d0085790_10264358.jpg
d0085790_10261768.jpg
d0085790_1025549.jpg
d0085790_10252647.jpg
d0085790_10251522.jpg
d0085790_10245422.jpg
d0085790_10243953.jpg
d0085790_10242941.jpg
d0085790_10241942.jpg
d0085790_1024854.jpg




夜には鬼岳という天文台に行き、なんと300円でドームから天体望遠鏡で観測。
天体望遠鏡を初めて覗いたのですが、そこに映る星はダイヤモンドの輝き。
でも望遠鏡が無くても肉眼で満天の星と、天の川まで見れてメルヘン師匠になれました。
星も太陽も、西に沈むので今日のそれは自分が最後の見送り人。
そんな地理的なこともなんともいえない思い出です。

五島列島は日本で最後に夕日が沈む場所です。日本最後の夕日海岸『高浜海水浴場』。
日本渚100選でもあり、遠浅の素晴らしい海岸です。
d0085790_10343545.jpg
d0085790_10341982.jpg



人と空気と食べ物がとても優しかった五島。
夏休みに田舎に帰った子供のような気持ちになれました。

また来るね!
さらば、福江!
d0085790_1036249.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2010-09-02 10:36 | 出掛けモノ
2009年 09月 14日

逢うべき人の旅

先週から明日まで、オーナーがノルウェーへ写真撮影の仕事という旅の為に
お店を夏休みにさせていただきました。

オーナーは北欧へ。さぁ、自分はどうするか・・
選択としては旅しかなく、どこへ行くか。
ただ旅をするのではなく、勉強も兼ねたい。

そんな答えとして、茶畑の静岡と、珈琲名店を見に東京へ。
お茶も珈琲も、デイリーな飲み物すぎて、何気ない入れ方では『旨味』の半分もない。
別に普段や嗜好としてはそれでいいが、プロとして『正解』は知っておきたい。
そんなものを感じたいのです。

9/7月曜
午前中に出発し、阪神高速・名阪国道で三重・亀山ICから下道を走る。
結局、ここから500kmほど下道で東京まで走ることに。
だらだら走って、5時頃に最初の目的地、静岡市のクラフトコンサートに着く。
d0085790_22283598.jpg


ここは築100年という古民家を改装した北欧家具・雑貨屋で、ある雑誌で知った。
ここ、ほんとすごい。『名デザイン』といわれる家具が、きっと日本でここまで展示販売
してあるのは無いと言えるほどの品揃え。コレクターの世界。すごい。
僕はデンマークのポットと、バウハウスが作成した60年前のガラスの食品保存容器を購入。

実はこの夜はテントで寝ようと思っていて、道の駅にしようか・・と、そんな話しを
店主と話していると、『うちの駐車場で張っていいよ』となり、快諾。
『この辺は田舎だから、テントなんか張ってると村人が見に来るから近所に言っておくね』
と言ってくれ、店主は自宅へ帰っていった。

d0085790_2239474.jpg

d0085790_22392096.jpg


案の定、テントを張っていたら、向かえに住む80歳のおじいちゃんが来てくれ、
電気を貸してくれ、話しの流れでお遍路話しへ。
すると、おじいちゃんもお遍路erで、あとでウチへ来いとなる。

このおじいちゃん『峰男さん』というが、僕は逢うべき人だと思えた。
50歳も年上だが、感性が似てると峰夫さんも奥様へ僕を紹介するときに言ってくれた。
もし、自分が若ければ、かけがえのない友達になっただろうとも。

峰夫さんは農家で、みかんや栗、お茶などを作っている。
しかし、人生にポジティブでアイデアマンで、40歳で友人に誘われマンハッタンで数ヶ月住み、
50歳から年に1回海外旅行。世界の国を運転して回るのが趣味。
重ねて書くが、30年も40年も前の時代にです。
65歳でお遍路に出たり、70歳でオーストラリアでスカイダイビングした。
ちなみにお遍路は、僕は1日35kmを歩いたが、峰夫さんは50km歩いた。
『若いのに、なまっちょろいなぁー』と笑われた。かっこいい人です。

翌朝、峰男さんの畑と、近所の無人販売所へ連れて行ってもらう。
売り方・考え方・見せ方、凄腕デレクターだと関心しました。
d0085790_2252086.jpg
d0085790_22521699.jpg
d0085790_22523896.jpg
d0085790_22525267.jpg
d0085790_22531833.jpg

ちなみに、このみかんは『間引きみかん』で捨てるものを売る。偉いです。
あと、みかんって昔は『金包』って書いたそうで、峰男さんの会社『金峰園』は『金包園』
としようとしたが、さすがにやらしいだろうとなったそうです☆

静岡から沼津を抜け、伊豆半島へ。
伊豆半島は初めてで、ぐるっと最南端の石廊崎まで周りました。
ランチで食べた地元回転寿しの『桜エビ』『うみぶどう』が美味だったり、
峠道からの景色が最高なのに、つい飛ばしてしまい景色どころじゃなかったり・・
石廊崎は台風接近で波が高く神秘的でした。


d0085790_2313135.jpg
d0085790_2322989.jpg
d0085790_2324140.jpg
d0085790_2325573.jpg
d0085790_233841.jpg
d0085790_2332491.jpg
d0085790_2334430.jpg


伊豆の国道を快調に走っていて、『おぉぉ!』と見張る看板でピットイン。
どこもかしこもトイレまで ウルトラプッシュ

でも、まぢ、ウルトラ美味かったです。

d0085790_236309.jpg
d0085790_2364225.jpg
d0085790_237598.jpg
d0085790_2372591.jpg


おまけで、そのあと寄ったダイドーの自販機で、またウルトラに遭遇。
シュワッチはじけてました☆
d0085790_23102851.jpg
d0085790_23104379.jpg


東京は三軒茶屋にアニキが住んでいて、そこでお邪魔になる。
なかなか会えなかったアニキと奥様とゆっくり話す時間も持てて、有意義だった。

カフェは三軒茶屋の『まめひこ』や、銀座の『ランブル』へ。
まめひこはプラスフレッシュと通じるものがあり、味も魅せ方も『うまいなぁ』と
ヒントをたくさんいただき、ランブルは巨匠的名店なので、学びに徹した。

d0085790_23162421.jpg

まめひこ

d0085790_23165467.jpg
d0085790_2317426.jpg


ランブルへ行く前に、大好きなウエストのシュークリーム(399円!!)
d0085790_2318558.jpg
d0085790_23182030.jpg


東京は2泊で、帰路は甲州街道をひたすら山梨・長野・岐阜と抜ける。
空が素晴らしく、富士山も上高地も拝めた。
d0085790_23202017.jpg
d0085790_23203812.jpg
d0085790_23205776.jpg



9/12土曜は金沢へ。
金沢には友人のミナクチさんがいて、働かれてる『東出珈琲』へ。
例えば『熱いものは熱く』を大切にしているような、そんな丁寧で真面目なお店でした。
d0085790_23242338.jpg
d0085790_23243494.jpg
d0085790_23244877.jpg


その後、翌日のテラス会での買い出しとして金沢の台所・近江町市場でエビやタコを買い、
大好きなa.k.aを満喫して帰ってきました。

9/13日曜は久々のテラス会。
少人数で開催しましたが、やっぱり自分はコレで生かされてると実感。

この連休、自分の足下が落ち着いた気がする。
次へ、確実に歩みだせる。そんな有難い出逢いの日々でした。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2009-09-14 23:29 | 出掛けモノ
2009年 08月 19日

親友の息子

高校からの親友らと日本海へ。
親友の良いオヤジっぷりに、より良いオトコになったなと羨望する。

オレを蹴ろうとして転んで膝小僧を怪我した。
オヤジに似て強いオトコでした。
d0085790_2272524.jpg
d0085790_2274454.jpg
d0085790_2275441.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2009-08-19 22:08 | 出掛けモノ
2009年 08月 05日

珈琲の神様

なかなかブログへ向かえませんが、毎日楽しく過ごさせていただいてます。

お客様を玄関でお迎えして、オーダーのときに少し会話や雰囲気からの何かをいただき、
その方を思いながらコーヒーや紅茶をたてる。
このお客様と顔を合わす時間がなければ、ひとつひとつ手でいれる意味がないと
思えるほど、この時間が大切で重要だと思う。

さてさて、先日の休みに甲子園にある『廣屋珈琲』というカフェにいきました。
住宅街にある喫茶店という感じのお店。
カウンターが中心で、店主ヒトリで切り盛り。
ネルドリップで丁寧にいれる姿の姿勢に学ぶことがたくさん。
『コーヒーエキス』と『濃口(ホット)』をいただきました。

またまた、先日、島根県松江に出掛け、エスプレッソの世界チャンピオンのお店にいきました。
門脇親子というコーヒー親子がいて、兄がチャンピオン、
弟がセミチャンプのようです。カフェ界では有名人です。
兄のお店が定休日だったため、弟さんの『VITA」へ。
店へのこだわり、エスプレッソマシンへの想い、日本とイタリアの文化の違いへの葛藤など
少しの時間でしたが、本物な方から有難いお話をいただきました。

そしてそして、今日、なぜかホットコーヒーのオーダーがやたら多い。
オーナーは『珈琲の神様に会い、取り憑いたからだ・・』と笑う。
取り憑いていただけたかは分からないが、珈琲に向かう姿勢は俄然違う気持ちになっていた。

写真は『VITA』のカプチーノと、途中で寄った境港の『水木しげるロード』
取り憑いたのは珈琲の神様でなく、妖怪かも・・な夏の夜。

d0085790_22273489.jpg
d0085790_22274738.jpg
d0085790_22275655.jpg
d0085790_2228472.jpg
d0085790_22281236.jpg
d0085790_22282197.jpg
d0085790_22282820.jpg
d0085790_22283678.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2009-08-05 22:28 | 出掛けモノ
2009年 07月 08日

ベトナムを振りかぶって投げる

『ベトナム、プロローグ』なんて書いておいて、
エピソード1も始まらない始末にしてました。

もうあれから1ヶ月半ほど経ったけど、先日に仲良い女性がヒトリバックパックで
ベトナム・タイへ20日間行ってた土産話しを聞いたり、
ホーチミンでメコン川日帰りツアーに参加したときに日本人が6人いて、
その方々と先ほどもメールをしたりしているうちに、やはり書き残しておきたいと思った。

そのメコン川ツアーで出会った方々が個性的で、
新婚旅行で1年かけて世界一周してる夫婦→ブログ書かれてます
還暦を向かえた西宮に住むスーパーバイヤーがベトナムへ商材探し&観光。
1泊3ドルの宿に泊まるアジアで半年(今はインドだそうです)旅する女子。
仕事を定期的に休んでは1週間ほど旅する女性。

この先、新婚旅行などに行くことがあればノーツアー・ノープランの旅だけど、
ホテルはリッチなリゾートって旅にしたい。
フタリであれこれ相談しながら進んでいきたいと思うから。

その夫婦が言ってたけど、80年の人生でたった1年。1/80の時間を楽しむだけと言ってた。
ヒトリで旅をするから、人に出会える。
世界中の人。自分/世界中の人での自分なんてちっぽけです。それを肌で感じれる。


ベトナムへは台北経由の中華航空で約5万円の航空券。
今回はほんと航空券だけとっての、ホテルも決めてないノープラン。

まず、首都である北部の町、ハノイに入る。
ハノイ空港から街までタクシーで1時間で、このタクシーで詐欺にあう。
空港で両替した『ベトナム通貨・ドン』が使えないという。
ハノイには『ハノイドル』があるという。
お金って使うまではただの紙切れで、かなり疑ったが、『ドン』は中部〜南部の街で使えると
いうから、言われるがまま連れていかれるがままのホテルの両替所で換金。
この換金レートが詐欺で、約2万円ボラレタ。。
えーと、ハノイドルなんて無いですよ。
ベトナムはアメリカドルはフツウに使えます。もしベトナムに旅することがあれば、
日本での『円→ドン』は換金できないから、現地でクレジットカードのキャッシングを
お勧めします。このレートがイチバン安心。場所によって半値くらい違うとこもありました。

ハノイと南部のベトナム最大都市ホーチミンは、すごくゴミゴミしてて、
人が多く、客引きも多く、疲れる。
またベトナムには行きたいけど、ハノイとホーチミンは行かなくていい。

良かったのは中部にある世界遺産の街でもある『フエ』と『ホイアン』
地元と観光が混じり合ってて、『街的』さが心地いい。

フエは昔、王宮があり、京都のような雰囲気がある。
王宮や王宮料理、地元の市場が混在する。
ホテルに日本語話せるスタッフがいて、とても助けてもらえた。(写真で自分の隣り)

d0085790_23235898.jpg
d0085790_23241022.jpg
d0085790_23242690.jpg
d0085790_23244063.jpg
d0085790_23245014.jpg


ホイアンがイチバンのお気に入り。
カフェも充実で、手仕事を商売にする店が多い。
客引きで入った洋服仕立て屋で短パンを作ってもらった。
1晩で出来て、7ドル。いい思い出です。

d0085790_23275135.jpg
d0085790_2328112.jpg
d0085790_23281718.jpg
d0085790_23282768.jpg
d0085790_23284038.jpg
d0085790_23285291.jpg


あと、ハノイからフエまで移動に夜行バスを使い、400キロの移動がなんと3ドル!
しかもこんな車内・・
d0085790_2330527.jpg


ベトナムはフランス領だったために、カフェとパン文化が進んでる。
しかもコーヒー産出国として世界2位。ブラジルの次です。
カフェをみるのが今回の目的であり、すごく参考になった。
d0085790_23315116.jpg
d0085790_2332374.jpg
d0085790_23321490.jpg
d0085790_23322510.jpg
d0085790_23323579.jpg
d0085790_23324786.jpg


今回の旅もたくさんの出会いと、感動を作り、行って良かったと心底思う。
でも、次は誰かと、ゆっくり旅に出たい。
すこし大人になったのかな・・・
d0085790_23343326.jpg
d0085790_23344211.jpg
d0085790_23345355.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2009-07-08 23:34 | 出掛けモノ
2009年 06月 16日

京都フラフラ アンテナビンビン


いま毎日が貴重で大切。
見るもの感じるもの、話すこと、全てがインプットできて刺激と肥やしになる。
カフェオープンへ向けて、いままで自分が貯めてきた知識や想像力、人脈が溢れる。
アンテナビンビンだから、ヒトリでカフェに入ったり、ウツワを見たり、
ただ街を歩くだけで想像が膨らむ。

今日はイチニチ京都へ。
カフェオーナー夫婦と3人で雑貨やインテリア、カフェなどを巡ってきました。

飲むわ、食べるわ、ダジャレいうわで、カフェでもゴハン屋でも回し食べ飲みする
家族以上のような関係で、お互いの夢を語り合います。

ほんとたくさん巡ったけど、鞍馬口の『喫茶 フランジパニ』、市役所裏の『台湾料理 青葉』
一乗寺の『恵文社』、四条松原の『枝櫓枝櫓』はビンビンでした。

恵文社で『倉敷意匠』の企画展をしており、
販売している『職人仕事の日本』なツールの数々が興奮もので、とりあえずカタログ的な
雑誌を求めて帰ってきました。いま読んで、目からウロコです。
自分が欲しいし、誰かにプレゼントしたい『モノ』がたくさんです。
人生の豊かさが増しそうです。

d0085790_231341.jpg

フランジパニ

d0085790_23134883.jpg

青葉の冷麺ランチ

d0085790_23142888.jpg


d0085790_23145264.jpg

プロのカメラマンであるオーナーがコソリ撮りした自分。
コンデジでも手前のカップにピント当てて撮るのが、やはりプロです。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2009-06-16 23:16 | 出掛けモノ
2009年 05月 22日

ベトナム、プロローグ

台北・ベトナム10日間の旅から無事に帰ってきました。
旅先で神戸の方からいただくメールに『インフルエンザが・・』
って書かれてて、むこうでは全くそんな雰囲気もなく、
帰りの飛行機や関空の免疫もそんなにチェックや物騒さもなく、
悠々と帰ってきましたが、自分の目でみてビックリ、街に人が居ないですね。
電車もほとんどマスク。まさに浦島さんになってました。

さてさて、また追って詳しいことも書きたい旅日記ですが、
とりあえず触りなことだけ書かせていただきます。

ベトナム、ほんっっと良かったです。
すごくギラギラしてて、物売りもしつこいし、タクシーや買い物交渉でも、
なんかボラレてる気がするし、気温も暑いし、なんか疲れますが、
何食べても美味しいし、なんか人が温かいし、女性がキレイし・・
首都のハノイや、最大都市のホーチミンにはもう行きたくありませんが、
中部にある世界遺産都市でもある『フエ』や『ホイアン』は是非また行きたいです。

【台北にて】
d0085790_3371748.jpg
d0085790_3373786.jpg
d0085790_3374872.jpg
d0085790_3375791.jpg


【ベトナムにて】

d0085790_3384994.jpg
d0085790_339573.jpg
d0085790_3391492.jpg
d0085790_3392313.jpg
d0085790_339344.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2009-05-22 03:40 | 出掛けモノ
2009年 05月 03日

小野的行商 in 台北・ベトナム

みなさーん
素敵なGWを過ごしてますか?
おー
過ごしてますかー

ワタクシはGW期間のみ、知り合いの紹介で三宮・磯上のフレンチレストランで
ホールスタッフのバイトをしてます。
やっぱり飲食はいいですね。みんなの目的が『美味しいものを誰かと食べたい』
って、笑顔が溢れてます。
めちゃ忙しいですが、こちらも幸せと経験をいただいてます。感謝感謝。

そしてGWがあけたら、ワタクシ、10日間ほどベトナムへ出掛けてきます。
またヒトリでリュックサック背負って・・
マスクは、、たぶん無しで行きます。

中華航空で行くので、台北でトランジット。
せっかくなので2晩(実質滞在は1.5日)します。
ベトナムは宿もツアーもとってないノープランですが、北部の首都ハノイから入り、
南部の最大都市ホーチミンまで寄り道しながら南下します。

もちろん、食べて食べての旅です。
ベトナムはフランス領だったので、そんな文化も楽しんできます。
コーヒーも世界2位の生産国。コーヒー農園への現地ツアーには行く予定です。

で、
『これ買ってきてー』とリクエストを事前にお受けしたいと思いました。
例えば香辛料などは、日本で買うより格安で珍しいもの手に入るでしょうし、
アジアンなテキスタイルや、小物、お茶など。
台北でもいいですよー
僕も以前、台北へ行く同僚に、日本で手に入らない中華醬油を頼んで有難かったです。
雑誌でみた!とかでも、出来るだけ詳しく注文していただいたら嬉しいです。

直接メールでも歓迎です。
enthu-circus●kcc.zaq.ne.jp(迷惑メール防止で●は@にしてください)

いまの自分は
お金<時間<人

愛し合ってるかいー
ベイベー
[PR]

by rokkodaiterasu | 2009-05-03 17:49 | 出掛けモノ
2009年 03月 31日

人生、上出来

缶コーヒーのキャッチコピーと同じですが、

人生なんだか上出来 って思います。

いま、自分のすべきことはインプットすること。
カフェなことはもちろんだし、街の、人の空気を腹一杯吸い込む。
今日は西宮で元同僚とランチし、淀屋橋と南森町のカフェをコーヒーはしご。

平日に街に出る。電車に乗る。
お遍路のアロマがまだ抜け切ってない清き身体は、街行く人々に興味津々でもあり、
ガツガツとしたエネルギーに疲れることもある。

いろんな人がいて、いろんな生活が映る。
いまの自分がワーキングタイムに属してないから、少し疎外感も感じる。

そんな日々なのに、良い話しばかり、風が、仲間が運んでくれる。
幸せのアロマに包まれてます。

なんだか幸せすぎて、
淀屋橋に止まっていた献血バスに有り難みのお礼の献血しました。

d0085790_215791.jpg
d0085790_21572547.jpg
d0085790_21573446.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2009-03-31 21:57 | 出掛けモノ