六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:食べるモノ( 79 )


2008年 02月 03日

居心地

テラス会で、ケータリングで、大切な人の為に、自分が綺麗に生きる為に、
メニューを想像して、買い物して、時間かけて仕込みして、
一緒に笑顔を見ながら食べて、余韻に浸って片付けして、、

こんな気持ちのいい居場所を用意してくれる仲間、環境、このテラスに
本当に感謝しています。


d0085790_0492318.jpg
d0085790_0493741.jpg
d0085790_0495190.jpg
d0085790_050370.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-02-03 00:50 | 食べるモノ
2008年 01月 10日

ベタでカニと、創作で芽キャベツ

久しぶりに食べ物ネタです。
さぼってませんよ。作るも、食べにいくのも。

野菜ソムリエの課題で『ベジフルカルテ』ってのがあり、
ある野菜の名称・分類(メークインとか)、育ちや産地、流通、
成分や味、外観などを自分の言葉・感性でチェックして、
その野菜を美味しく食べれるオリジナルレシピを考え作る。
それを週末までに8品目提出しなきゃで、百貨店やスーパーの野菜コーナーで、
あーでもない、こーでもないって思いながら物色して作ってます。

昨日は、ゆりねをオリーブオイルでホイル焼しました。
シンプルで、ゆりねって茶碗蒸ししか食べたこと無かったから、
初めての味で簡単で、とても美味しかったですよ。

今日は、芽キャベツで、アンチョビホワイトソースかけと、
厚切りハムのプレゼ(蒸し焼き)にしました。
芽キャベツは冬の素材で、少し青臭い苦みと、キャベツらしい甘さで、
何より丸ままキャベツを1口で食べるわけだから、ソフトミルフィーユを
食すかのように『ソクッ』といい感じの歯触りです。
ビタミンCも豊富で栄養価もキャベツより遥かに高い。
ちなみに、キャベツの子供とかではない、独立した品種です。


d0085790_21551073.jpg
d0085790_21552773.jpg
d0085790_21554119.jpg


知人がカニを食べに久美浜のほうへ行ってて、カニがクール便で
送られてきました。ありがとう。
ひとりのカニって良いですね。
どんなにガツガツと汚く食い散らかそうが、恥ずかしくない。
焼き・蒸し・みそ・雑炊、思い存分完食しました。
d0085790_21582081.jpg
d0085790_21583794.jpg
d0085790_21585375.jpg
d0085790_215965.jpg
d0085790_21592331.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-01-10 22:04 | 食べるモノ
2007年 12月 17日

神戸ソワニエ

ソワニエとは、最上級顧客という意味。

3月1、2日に神戸ソワニエという、
神戸ビーフを堪能するイベントがある。
僕らでは正直、価格がプレミアムだけど、分かる人にはクオリティがプレミアム。
親へのプレゼントでも、大人の一歩でも、ぜひ参加してみてください。
きっと伝説になるイベントです。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-12-17 12:42 | 食べるモノ
2007年 11月 08日

信じれる食材と旅する

これだけ食品偽造や危害食材が多く報道されたら、
何を信じて食材や食品を買うか、誰もが悩む時代になったと思う。
ある調査で、関西のスーパーでの表示の信頼性1位はコープ神戸、2位はイカリだった。
それを信じてコープで買うのもいい。

僕は基本的に何でも食べて、BSE問題のときも安い焼肉屋でホルモンを食べていた。
美味しけりゃいいじゃんと今でも考えるが、来月から『ベジタブル&フルーツマイスター
(野菜ソムリエ)』の学校に通い、資格試験を受ける。
自分で勉強し、誰かに教え提案できるようになりたい。

あと、生産者の顔が見える買い方もある。
これが僕はイチバン賢いと思う。ネットでの進化もあり、ドアtoドアで楽だし、季節感も出やすい。
何より安心で新鮮で美味しい。
先日のテラス会にも社員の方が来ていただき、僕が憧れとする会社ルリコプランニング
こめたびという企画と会社を立ち上げ動き始めてる。
これは秋田の農家や行政と組み、生産者から『あきたこまち』を購入する。
僕も以前、新潟に住む方に魚沼の中でも市場に出ない『塩沢地区』の新米を玄米で
送っていただき、あの甘さと旨味は忘れられません。

その『こめたび』企画で、11月18日に京都でオニギリ作って遠足があります。
詳しくは、こめたびtop pageをご覧ください。
秋の京都で大勢の遠足は魅力的ですが、この企画はあくまでも
食への関心や、美味しいお米を子供や自分に食べさせたいと思う気持ちです。
表示や値段に頼る買い方も良いですが、自分の目で口で感じた経験での買い方に勝る
ものはないのではないでしょうか・・

僕は参加します。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-11-08 03:38 | 食べるモノ
2007年 10月 31日

ハロウィンだからカボチャ料理です

みなさん、ハロウィンは楽しまれてますか?
コスプレして愛する方と素敵な時間を過ごしてますか?

僕はヒトリイソイソとカボチャ料理にチャレンジしてみました。
『カボチャのパングラタン』です。

・バター・小麦粉・牛乳でホワイトソースを作る。
・カボチャは適当に切り、ブロッコリーと一緒に下茹でし、ニンニク・アンチョビ・牛乳(各少量)
とフードプロセッサーでミンチにする。
・ホワイトソースとミンチを混ぜ、ブール(丸いフランスパン)の半切りの中身をくり抜いて、
そこにソースをいれ、とろけるチーズを載せ、210度オーブンで10分焼く。

ホワイトソースでなくて、簡単に生クリームのほうがコクも水分もあり美味しいかも。。
でも、生クリームは冷蔵庫に常駐しないけど、ホワイトソースならすぐ作れる・・

プチパンで作って、おかずと合わせたらオシャレな晩御飯になりそうですね。

昨日、100%のトマトジュースを買った。ごちそうの味です。
今朝起き抜けに飲んで、1日健康に頑張れそうな気分になりました。

最近野菜が面白い。
調理の幅も広いし、季節や有機や値段、産地による差の大きさが楽しい。
野菜、真剣に勉強するつもりです。
d0085790_21501665.jpg
d0085790_21502620.jpg
d0085790_21503780.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-10-31 21:51 | 食べるモノ
2007年 10月 08日

なにわともあれ 料理とバイク

なにわなくとも、料理とバイクが出来る自分で良かった。

今夜の晩御飯は鯛飯と冷やしうどん。
鯛の切り身は網で少し焼いて、炊飯器(僕は鉄鍋)に洗った米・通常分量の水・
薄口醬油・酒・塩・本だし・鯛の切り身をいれて普通に炊くだけ。
今日は枝豆も入れてみました。
炊きあがったら、大きな骨を外して混ぜる。
なんでこんなに美味しいんだろうと、ご満悦です。

なんだかバイクで出掛けたい感情に駆られ、22時から革ジャン着て
阪神高速を鳴尾浜から湾岸線にのり、大阪港線から環状線に入り、
1周5分の環状線を30分くらい走ってました。
連休でか他府県のナンバーが多く、環状線は車線変更が忙しないから、
車を動きがクイックで楽しい。ビルとビルの間を抜けるのが気持ちいい。

料理にも旬があるが、バイクにも旬がある。
それは気温ではなく、気圧で、空気とガソリンを混ぜてエンジンを燃やし、
いまの車やバイクはデジタル(インジェクション)でそれをコントロールするが、
僕のバイクはアナログ(キャブレター)だから、季節の空気の濃度で体感も違ってくる。
一般的には冬の乾いた空気が良いが、僕のはいまの季節が良い。
楽しくて仕方ない。
旬の食材を使った料理も然り。

10月7日、今日もありがとう。





d0085790_1204173.jpg
d0085790_1205316.jpg
d0085790_121648.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-10-08 01:22 | 食べるモノ
2007年 10月 05日

rocket-goがsaita!で咲く

今日の新聞に、紅葉が平地で12月になると書いていた。
夏が終わらず秋が来ず、バーゲンだけが早々に始まり、食材は旬を問わず、
クリスマスやバレンタインは買い物商戦で、季節感は自分で作るしかないのかな。

今日は夕方に栄町のサロンにカットに行き、西元町駅西出口の広場前にある
以前に写真展でお世話になったFruit Cafe Saita!Saita!に行きました。
いまsaitaさんではthe rocket gold starの『2コマキング』をしていて、
ビタミンたっぷりのフレッシュジュースと2コマを味わってきました。
rocket-goさんはキャラや雑誌の挿し絵などで活躍され、
兵庫区で育ち、兵庫区に住むスターです。旬な男です。

saitaさんはジュースはもちろん生絞りで、果物の気持ちが分かる気持ちになります。
あと、サイタママ手製のジャムがあり、これが旬の素材を贅沢に煮詰めていて、
もちろん保存料や余分なものが入ってなく、うまい。
今日はキゥイとバナナのジャムと、イチジクとラズベリーのジャムがあった。
ちなみに、イチジクって無花果って書くんですね。

ここで旬に出会えて、saitaさんの真価を感じました。

d0085790_2323226.jpg
d0085790_2324544.jpg
d0085790_2325861.jpg
d0085790_2331888.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-10-05 23:04 | 食べるモノ
2007年 09月 30日

ジュルルン to フレンチトースト

今日はツーリングの予定でしたが、雨のため中止になり、
遅めに起きてゆっくりブランチになりました。

ツーリングの中止は昨夜で決定していて、寝る前に冷蔵庫を見て
『これは、明日はフレンチトーストだな』と、ミルクと生クリームと、卵とバニラエッセンス
を混ぜたものに切ったバケットを浸して仕込んでから寝ました。

僕の憧れのホテル朝食は、ホテルオークラのフレンチトーストです。
こんなのです!!
ここのはフライパンでなく、オーブンで焼くんです。
それを真似して作りました。

我が家のオーブンは低出力なので、軽くフライパンで焼き色を付けてから
180度のオーブンで15分焼きました。
オークラのは180度で8分だそうです。
バケットを厚くきりすぎたかもです。

しかし、その厚さが外はカリッ、中はプリンみたいな事になり、たまりませんでした。

一晩浸けるという作業があるものの、生クリームは任意だし、あとはオーブンで、
これは幸せな朝食になります。
d0085790_15514973.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-09-30 15:51 | 食べるモノ
2007年 09月 24日

カマンベールジェラート

六甲、山幹の石屋川の西側にあるcheese shopカマンベール
先日のテラス会でドンッと置いた塊もココで仕入れました。有名店ですよね。
チーズ以外にもオイルやドライフーズも充実で良く行きます。

以前から気になっていた、オリジナルのチーズアイスを買いました。
ゴルゴンゾーラ・パルメジャーノ・カマンベール味があります。
お値段は少々高めで550円。
ココの良いとこは試食があること。冷蔵庫に陳列してる塊も、『コレは・・』と聞くと、
試食させていただける。アイスも然りで、食べ比べカマンベールを選択。
正直、カマンベールがいちばん食べやすかった。

アイスというよりジェラート。ミルク感がほどよく、チーズと五分で手を取り合う。
後味がチーズです。唯一無二だと思います。
自分用に買うのは少し気合いがいるから、これも手土産でどうでしょう。
通販でもあるようです。お歳暮に洒落てますね。

d0085790_20503172.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-09-24 20:44 | 食べるモノ
2007年 09月 24日

フルヤ君とメロン

少しまえの話になりますが、
このテラスで高校の同窓会をしました。
『手土産持参で・・』といったら、フルヤ君が王様・マスクメロンを持ってきた。
しかも静岡産。静岡がメロンの山の手らしいね。
あだ名が王子な藤沢君がいたが、フルヤ君が王子だよ。
しかも、『これは小野ちゃんへのプレゼント』だと。ステキスギル☆

大事に大事に熟成させて、贅沢に贅沢にいただきました。
マスクメロンって、こんなに美味しいんですね。
入院したら持ってくる意味がわかりました。
これは冥土の土産になります。食材自体の味ではNo1なんじゃないかな。

フルヤー ありがと。
d0085790_19224313.jpg
d0085790_19225672.jpg
d0085790_1923974.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-09-24 19:23 | 食べるモノ