六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ
2008年 11月 08日

知識と経験 口の記憶

脱・パーマネントのオノシンです。

今日、嬉しいハガキが届きました。
先日のツーリングで初めてお会いした同じBMW乗りの方に写真をプリントして
送らせてもらったら、返事で僕のバイクの水彩画を描いたポストカードを
書いてくれた。絵を描かれることも知らない方だったから感動しました。

さて、秋も深まって、秋味が出そろいましたね。
美味しいもの、食べてますか?

小野的、秋の楽しみのヒトツである、
井上誠耕園オリーブの、新漬けオリーブの実を、スジャータと共同購入して、
本日、我が家にやってきました。
新漬けオリーブは、10月から年末にだけ出回る新もので、小豆島産とあり、
それはそれはフレッシュです。海外産の安いオリーブは塩味がきつく、
そのまま食べるより、料理のアクセントな感じですが、これの塩味は
オリーブの甘さをひきたてるだけに過ぎず、口にジュワッとオイル分が溢れます。

あとは新米。
あきたこまちを秋田の農家から直送してくれる
こめたびで買ってます。
こめたびを知るまで、酒屋などで「コシヒカリブレンド」な安さが売りのお米を
買ってました。食べれたらいいと思ってました。
でも、こめたびで買い始めて、しかも新米を食べて、理屈でない感動があります。
美味しいイタリアンや、雰囲気のいい和食屋があるけど、
ただシンプルに「幸せだな」と思えるコレは、身体に染み込みます。
外食での白ゴハンが美味しいと思わなくなり、こめたびのスゴいと思うのは
冷やゴハンが臭くなく甘さを増します。これがスゴいです。
母親にも勧めましたが、こんなの初めての味だと言ってもらいました。

僕は思います。
人生は知識と経験だと。
いつも良いモノ食べて、良いのも着てなくていいと思う。
ただ、良いモノを知ってることに越した事はない。
それは誰かに食べさせてもらったり、乗せてもらった経験でなく、
自分で手に入れて、少しでも継続していなければ意味がない。
上質なモノの質感やオーラに触れて、その使い込む、味わいつくす、
もちろんリスクや、自分なりの使いこなしを経験することで、
日常品の良いとこも大切に感じれる。
自分は背伸びして20代で所有したモノ達に感謝している。

d0085790_229773.jpg
d0085790_2292794.jpg
d0085790_2294837.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-11-08 22:09 | 食べるモノ


<< 選手交代      おにぎり持って >>