2008年 06月 26日

フレンチな夜食と朝ゴハン

今夜は仕事の都合で5時頃に晩御飯を食べたので、
さっき帰宅し、お腹が減ったなーってことで、
冷蔵庫と打ち合わせし、ボリュームサラダを作る。

トリモモを白ワインで蒸し焼きして、
キノコやタケノコやオリーブを炒める。
ドレッシングは・・と考え、美味しいんじゃないかなぁー
って感じで、白ワインビネガーとオリーブオイルを混ぜたなかに
フランボワーズのコンフィチュールを入れ混ぜてみる。
これ、かなり美味かったですよ。
自然な甘酸っぱさ。色も綺麗だし。
ジャムが余ったら、なんでも出来そうですね。

明日の朝ゴハンはフレンチトーストにしようと仕込む。
フレンチトーストは牛乳・卵・バニラエッセンス・グラニュー糖を混ぜ、
出来れば前夜から漬けておく。完全に染み込んだエキスが
焼くことで固まる瞬間の芸術です。
聞いた話しですが、フランスではフレンチトーストというのは
店屋物では無いそうで、家庭料理になるそう。
フランス語で『pain perdu』 ダメなパンと訳す。
日本で言えば、お茶漬けかチャーハンみたいな感じなんでしょね。
そうは言っても、憧れはホテルオークラのフレンチトースト。

僕にとって、『いつかの』朝ゴハンです。

d0085790_0191521.jpg
d0085790_0192947.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2008-06-26 00:24 | 食べるモノ


<< セビーリャから、一気にパリへ。      アンダルシアの陽光の下へ。 >>