六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 13日

憧れのカフェ ド ランブルを土産でいただく

東京・銀座に『カフェ ド ランブル』という喫茶店があり、僕の憧れの場所です。
大好きな雑誌『ku:nel』でランブルの記事があり、美味しいと評判の仙台にある
喫茶店『機屋』のオーナーがランブルに通い詰めて技を盗んだとも書いてました。
ランブルはコーヒーだけの店らしく、その中のアレンジコーヒーで
『カフェ ウフ』があり、なんと卵黄が入ってるそうです。飲んでみたい。

先日、友達が東京に行くと言っており、『ランブルという喫茶店があって・・・』
と話していたら、なんと実際に足を運びウフを飲んだらしく、お土産で豆を買ってきて
くれた。憧れの味がこんな形で実現するとは思ってなく、嬉しすぎます。

丁寧に挽いて、丁寧にドリップしました。
グアテマラを飲み、この豆は深いのが特徴なのに、確かに深いのだけど
苦みが口から引くのがとても早い。濃いのにスッキリ。美味しいです。
友達曰く『ランブル、一杯一杯丁寧にいれてくれてるんだろうね、
珈琲が出てくるまでの方が、飲んでいる時間より長かったよ。』と言ってました。
ますます行ってみたい。しかし、飲んでみたいメニューが多すぎて、
1回訪れるだけでは収まらないなぁ。

ごちそうさま。ほんと嬉しかったよ。ありがとう。
d0085790_23411835.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-08-13 23:41 | 食べるモノ


<< 国産発酵和紅茶      包丁を研ぐ >>