六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 29日

『彼のオートバイ、彼女の島』 確認の旅

片岡義男の名小説『彼のオートバイ、彼女の島』の文頭は、
浅間山が見える高原で、彼が愛車のカワサキ W3にまたがり、
おむすびを食べる。それを通りすがりの彼女が写真を撮り、会話をする。
フタリ共、たまたま同じ別所温泉の安楽寺・国宝三重塔を見て来たからだ。
『なぜ、四重なのに三重の塔なんだろ』
『いつも三重だから、しじゅうなんだ』
『さっきの写真を送るから住所を教えて』
ここからフタリは始ります。

僕はこの小説を中学生で読む。
小学生から電車でヒトリ旅を繰り返してきた僕は、片岡義男作品を片手に旅し、
日本中のあちこちで読んだ。
高校から旅のツールはバイクに変わり、いまに至る。

中3の夏に南信州のJR飯田線・天竜峡を旅した。もちろんヒトリで。
そこの景色と車掌に感激し、自分の将来を決めた。

前置きが長くなりましたが、昨日と今日で、ヒトリバイクで信州に旅してきた。
目的はまだ見ぬ安楽寺の塔と、また見たい天竜峡でした。

名神東名で豊川ICから北上し、天竜峡・諏訪・ビーナスラインを抜け、千曲川沿いの
上山田温泉に泊まり、朝から別所温泉の安楽寺・松本・上高地・安房峠・平湯温泉・
高山・郡上八幡・関ヶ原ICから帰ってきました。
総距離は1100kmで、頼もしい相棒BMW君を惚れ直す旅感です。

アップしたい写真が多いです。見てください。

d0085790_2242359.jpg
d0085790_22425126.jpg
d0085790_2243529.jpg
d0085790_22431851.jpg
d0085790_22433920.jpg

これが天竜峡です。
3枚目の眼下に鉄道線路が見えます。こんなとこを抜ける飯田線です。

d0085790_22451233.jpg
d0085790_22452784.jpg

諏訪・茅野を見下ろす高台から。

d0085790_22463117.jpg
d0085790_22464936.jpg
d0085790_2247246.jpg
d0085790_22471571.jpg

安楽寺です。
三重の謎は、一番下の屋根はスカートであり、ひさしらしく、屋根ではないそうです。
よく見ると、ひさしを支える作りや大きさが違います。
カメラ好きの山形から来られてるオジイちゃんと話しをし、
僕が『確認の旅です』というと、
『確認することがあるというのは、経験してるということだから、
経験豊富で素晴らしいですね』と云われた。素直に嬉しい。

d0085790_2252456.jpg
d0085790_22522374.jpg
d0085790_22523927.jpg
d0085790_22525187.jpg

奥飛騨温泉郷の平湯温泉の外湯に入った。500円で露天のみ。
帰って来たいまも手が硫黄の匂いがする。
温泉卵も食べました。半熟でなく、トロ熟です。

d0085790_22555779.jpg
d0085790_22561423.jpg
d0085790_22562812.jpg

高山と上高地をむすぶ安房峠(あぼう)。
いまはトンネルがあり、ほとんどトンネルを抜ける。
でも迂回の峠が絶景だ。山頂に立つと、180度振り向いて、この山景色。

d0085790_2259350.jpg

運転しながら、こんな写真を撮りました。
ミラーに写る自分が恥ずかしい。。

あとは、運転しながら撮ったりしたスナップです。
天気もよく、空気が非常にカラッとしてました。
予定をたてず、その場その場で地図をみて走りました。
こんな旅、年に1回はしていきたい。
自分は、確実に大人になってる。その土台に感謝です。

d0085790_2321740.jpg
d0085790_2323426.jpg
d0085790_2324659.jpg
d0085790_233278.jpg
d0085790_2331826.jpg
d0085790_233332.jpg
d0085790_2334898.jpg
d0085790_234274.jpg
d0085790_2341544.jpg
d0085790_2342727.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-05-29 23:04 | 出掛けモノ


<< 道のような存在      それぞれの心のカメラ >>