2007年 05月 04日

愛すべき人

先々月行ったライブにゲストで出て来た、榎本くるみに胸を打たれた。
先月のFM802のヘビーローテーションに、愛すべき人が決まった。
毎日流れてくるこの声、歌詞に心揺さぶられ暖めてもらった。
これからもこの歌詞を感じていきたいから書いておこう。


『榎本くるみ 愛すべき人』

痛いことや苦しいことから ずいぶん逃げた
自分を追いつめた先は別れだった
いまの自分がアナタに伝えられることなんて
ねぇ 何もほんとは無いのかもしれないね
夜空に今日もアナタの笑顔が仕草が浮かんで消えて涙こぼした
愛すべき人がいる 私のあらゆる全てを
心にいるアナタに捧げられたなら
愛すること諦めず 夢を追いかけていけるなら
見失って来た 見ようとしなかった愛がみえるかな

時間だけがフタリの季節を置きざるように
取り残されたままの私じゃ駄目だよね
明日に迷う時にも 互いに自分が信じたままに選べるように

同じ空のどこかでそれぞれの今を歩いてる
遠く離れてもこの手を繋げたら
分かれ道に立ち止まるとき
自分を疑ったりするときも強く望むこと
どうでもいいなんて言ったりしない

愛すべき人がいる
私のあらゆる全てを心にいるアナタに捧げられたなら
愛すべき人とともにまた夢を追い続けたい
見失っていた見ようとしなかった
アナタのいない道で
[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-05-04 03:56 | 読むモノ


<< 5・5 am0:25 月がテラス      DANKEのバターコーヒー >>