六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 01日

うつわ先生と、パン先生の紹介

いま、僕が熱中してること、それは『食』に関することです。
バイクや音楽、服も好きだけど、一番財布が緩むのは、
食材やキッチンツールや器を買うこと。
で、それを使って、誰かを笑顔にすること。頑張ってます!

中でも急成長してる『うつわ』
芦屋のbontonに惹かれ、
とても仲良くしてもらってるキムラカツコ先生から恩知を受ける。
キムラカツコ先生は同じ歳・28歳の女性です。とても優しい方です。
その優しさが作品に出てる、優しいラインのうつわ達。
先日もグループ展に参加され、遊びに行きました。
この時は植木鉢。こんな植木鉢ないですよね。植物より優しい顔してます。
d0085790_22263874.jpg
d0085790_22265132.jpg


この度、僕をイメージして、僕の為にドンブリを焼いてくれました。
作家さんから、こんなことしてもらえる僕は贅沢者です。
小さなうつわ達も、サンプルとして焼かれたモノです。
d0085790_22284918.jpg


天然酵母でパンを焼かれてる方がいます。
『たれかそ』という名前です。
店は構えてなく、自宅で焼き、配達します。
HPもなく、口コミで広げてます。
それだけの実力で、美味さです。
すごく『味』があります。ドッシリしてて、香ばしい。本物の愛情手作り。伝わります。
今年のテラス会は『たれかそ』さんのパンを配達して、いや、持参で参加してもらいます。
d0085790_22344029.jpg


キムラカツコ先生の器や、たれかそさんのパンはNORATORAで、
手に入るかもです。
神戸市西区岩岡町古郷1496-5
切り絵は見たまんま、最高ですよ。
最高のチームです。
[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-03-01 22:38 | 食べるモノ


<< 逆光に向かう心のレンズ      春きたら、外で珈琲しましょ >>