2007年 02月 20日

蒸篭

ついにセイロを手に入れた。
ずっと欲しくて、どのサイズ、何段、廉価な中国製か本気の国産か・・・
キッチンツール屋に行っては悩んでた。
頭のイメージでは、セイロがあれば、あれ蒸して、こんなん作って蒸して・・と、
膨らんでいく一方でした。

で、結局、『良いものは愛着と長持ち』がモットーだから、国産を選択。
中国産と比べ、留め金の剛性、編み方、木の香りが違います。値段も3倍は違う。。
中華鍋で蒸すから、27cmの鍋に合わせ、24cmのセイロにした。

三宮センタープラザ西館の業務用店で買い、元町の一貫楼で豚まんを調達し、
帰って早速、15分の蒸し時間で、幸せ豚まんを戴いた。ウマいです〜
晩御飯は、野菜と鶏肉を適当に並べて蒸した。さっぱり美味しい。

これは、今後のレパートリーに繋がっていくのが楽しみです。
d0085790_025574.jpg
d0085790_031071.jpg
d0085790_032210.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-02-20 00:12 | 食べるモノ


<< 許しの美学      室津は牡蠣と青春の味 >>