2007年 02月 13日

好きな街、憧れの建物

憧れや目標があるって素晴らしいことだと、大人になりより思う。
人でもモノでも。頑張れる原動になる。

僕の住む町・阪急六甲は坂の多い街です。六甲山から裾が迫り出す街です。
土地が平らでないから、建物が平凡に置かれてない。そこが好きです。

今日は気持ちいい空だったので、バイクで近所にあるのに、
遠くから眺めるだけだった憧れの建築を見に行ってきた。

まず、我が家から徒歩5分くらいの『Hill Side六甲』。
安藤忠雄建築で、いまは結婚式場です。でもゴハンは食べれるみたい。行ってみたい。
d0085790_18121315.jpg



阪急六甲の山手、海星病院の近くにある、安藤忠雄設計として有名な『集合住宅』。
83年築と聞いたから、23年も経ってるとは思えないモダンさ。まさしくモダンという言葉な雰囲気だと感じた。ガレージに停まってた、赤い930系の911カレラが時代と存在を示してる。ともに憧れの存在だ。
d0085790_1895520.jpg
d0085790_18102586.jpg


松蔭女子大の西隣にある、これも安藤忠雄建築の集合住宅。繊細なイメージでした。直線とカーブのラインが綺麗。
高校の頃、この住宅の真北にある六甲高校にラグビーの試合で良く来た。でもこの住宅に全く気づきも興味もなかった。もし、あのころあったなら、僕の人生は変わってたかも。
d0085790_18162712.jpg
d0085790_18164652.jpg
d0085790_181706.jpg


六甲ケーブル下駅の南側にあるマンション。イメージとしては完璧すぎる建築。
d0085790_18202254.jpg


今日の一番行きたかった建築は、阪急御影山手にある集合住宅。
『万松園』という物件名です。電車から国道から高速から見える建築で、本当に憧れます。
初めて間近で見ました。やはり、いいなぁ。70年築なんで、もう36歳。昭和49年の『第1回神戸市建築文化賞』の建築だそうだ。
d0085790_18252051.jpg
d0085790_18253426.jpg


万松園の真北にある甲南病院も、モダンなホテルのようなエントランス。
この街を守ってきたんだろなぁと思わす風格でした。
d0085790_1828374.jpg


その万松園と甲南病院を下から見るとこんな感じで、この絵に憧れる僕です。
d0085790_1829785.jpg


我が家の建築も気に入ってます。
ここも『あの辺りに住んでみたい』と見ていた場所。
六甲の裾が、周りより迫り出した場所の先端なんで、景色も200度パノラマ。
隣り街の御影山手から見たら、ほんと迫り出してました。
d0085790_18334788.jpg
d0085790_1834711.jpg


この街に住んでると背筋が伸びる。もっと味わって行こう、この街で・・・
[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-02-13 18:35 | テラスなモノ


<< バターフランスと夜景      街でのたしなみ >>