2007年 01月 23日

久しぶりと、初めての店達

今年の冬はエルニーニョ現象とかで暖かいから、冬なのに夜が楽しい。
ついプラッとしてしまう。しかも冬だからイルミネーションや街行く方がオシャレで楽しい。

夕方5時から栄町のサロン『kick』で散髪。
もう6年くらい行ってて、栄町と高架下に2店舗あり、栄町は雑誌BRIOの創刊号にも採り上げられた、天井の高い神戸海岸通なレトロなビルヂィングです。でも昨年は栄町店をクローズして、三宮高架下店のみで営業してた。今年からは高架下を完全クローズで、『ちょっぴり大人のプライベートサロン』とし、今日はオーナーヒトリで営業し、フタリきりでゆっくりカットしてもらった。1年ぶりの店内はやはり格好良く、落ち着く。オーナーは車好きでもあり、ランチャ・インテグラーレに乗らてる時は、僕のアルファとでドライブにも行きました。
栄町3丁目1−6 栄町ビルヂィング2F 333-5595 おすすめします

6時半頃に出て、西に歩くと半地下にパン屋があり、中2階はカフェ。Salvadorという店。
いい雰囲気。晩ご飯はパスタを作ろうかと思ってたから入り、ガーリックトーストとアンチョビのと、アンパンを買う。アンパンは180円と高めだが、イメージするアンパンで接したら失礼にあたるアンコの重厚な味と、黒砂糖がかかった優しい甘さ。価値あります。

またすぐ西に行ったとこに、hausという服屋がある。服屋は知ってたが2Fでカフェ&ゴハンもしてた。店前の黒板にメニューがあり、陶芸作家の器でだす様。日替晩御飯膳(本日トンカツ)に惹かれ階段を上がる。あまりヒトリで外食しないので結構冒険でした。美味しかったし、自分がしたいことに少しは近づけた時間でした。
で、1Fの服屋がセールしてたので、口元が緩むくらい着心地のいいイギリス製カーディガンを衝動買いしました。

栄町から、なんとなく人ごみが嫌だったので農業会館の前を通り、居留地へ。
コールハーンを渡り、EPOCAのショーウィンドウに和食器が並んでるのを発見。完全女性向けのブティックの奥にある階段で2Fに上がると食器屋『日々』があった。
EPOCAと同じ系列のセレクト器屋。品揃えも多く、欲しいと思ってた角小皿を購入。さすが資本がしっかりしてるだけに、器屋なのに寿司屋のような一枚板のカウンターで接客でした。気持ちいい店です。

やっぱ、神戸と、ヒトリ歩きが好きだなぁ。

写真はアンパンと日々で買った皿。
d0085790_22102912.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2007-01-23 22:10 | 出掛けモノ


<< 大停電の夜に      冬旅 琴平から直島へ >>