六甲台テラス物語

rokkodai.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 10日

まだまだ食の秋

仕事帰りに、近所の魚屋で特売の生サンマが、氷水の発砲スチロール箱の中にいた。

『特売!!塩焼きに、刺身に!』         ・・・・え!?刺身!? うまそう!!

頭を落として、三枚に開き、皮をはいだ。見た目は汚いけど、2匹さばいた。
ショウガたっぷりにサシミ醤油で食べる。口にまとわり付くくらいの脂。気分は漁師。うまいなぁ。

ご飯は、戴きものの新米を鉄鍋で炊く。
お米を洗い、鍋に入れて、少し多めの水に浸しておく。(今日は1合半に対し、水2カップ)
強火にかけ、吹きこぼれ出したら中弱火にし、蓋の隙間から蒸気がほぼ無くなると消す。適当に蒸らす。時間は20分もかかりません。基本ですが、最初から最後まで蓋は開けたら駄目です。おこげの芳ばしい香りと、お米が蒸れる匂いがたまりません。お宅に蓋の重い鍋があれば、気楽に試してみてください。

想像して、ひと手間加えて、ごっつぉさん。


d0085790_2041768.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2006-11-10 20:41 | 食べるモノ


<< いい空のお出まし      Blue Note voice >>