「ほっ」と。キャンペーン
2011年 07月 14日

コーヒーの聖域 島根の旅

先日、日帰りで島根へドライブしてきました。

島根ってあまりメジャーな県ではないと思いますが、
文化も食も温泉もあり、訪れ系ではスグレモノです。

今回の目的は『カフェロッソ』『松浦珈琲』『出西窯』『石見銀山』
(帰り道に寄り道で広島でお好み焼きまでしました)

松浦珈琲さんは自分が大好きな京都の珈琲豆屋『カフェドガウディ』さんに
教えていただいたお店で、何度か豆を買いましたが、その香り高さに驚くお豆でした。

いちどその焙煎所に出掛けたくて、今回実現した訳ですが、
いやほんと、自分の珈琲へのイメージや感覚が感動で崩れ落ちました。

松浦さんは焙煎所のみでカフェではありません。
焙煎所の片隅のカウンターでテイスティング的な形で時間限定でいれてくれます。

松浦さんもガウディさんも、東京銀座の『ランブル』に酔狂しており、
自分も珈琲といえばランブルだと思っています。
ランブル派の特徴は『ネルドリップ』でコーヒーのエキスを味わう
『ドゥミタス』が基本です。少量の濃いコーヒーのことです。
ゆっくり丁寧にエキスだけ抽出する姿勢は愛情職人そのものです。

今回松浦さんでいただいたのは、
・ドゥミタス(マンデリンの高級豆で)
・アイスコーヒー(カクテルシェイカーで冷やした氷を使わないもの)
・クリームコーヒー(ドゥミタスに生クリームを浮かべたもの)
・アイスクリームにコーヒーをかけたもの(コーヒーは7倍もの濃さ)

全てに感動しましたが、アイスコーヒーはブルゴーニュグラスで出されたため、
香りを味わうのがほんと素晴らしい。
コーヒーは苦いもの?そんな感覚は皆無です。
コーヒーはクリアな喉越しと、放たれるアロマが素晴らしい飲み物です。
きっと、ずっと忘れられないコーヒーになりました。

松浦珈琲HP
d0085790_1348071.jpg
d0085790_13474356.jpg
d0085790_13472977.jpg



カフェロッソは世界チャンピオンのバリスタのお店。
コンセプトも味も良くて勉強になります。
カフェロッソHP
d0085790_13511378.jpg
d0085790_13505944.jpg


柳宗理の父、柳宗悦さんらが民藝運動の拠点となった『出西窯』
大阪のgrafやBshopでも取り扱ってますよね。
昭和な空気が流れ、とても落ち着く場所でした。
出西窯HP
d0085790_13562667.jpg
d0085790_13561299.jpg
d0085790_13555720.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2011-07-14 13:56 | 出掛けモノ


<< 富士山へ行ってきます      おまたせしました >>