2010年 09月 02日

旅がメインテーマ 五島列島へ

8月末から9/8まで、有難いことにお店が10日間夏休みです。
『インプットなければアウトプットできない』
という遊び心優先の言い訳として、素晴らしいお店であります。

そして僕は、ずっっっと、なぜか、なにがあるのかも知らないけど、
行ってみたかった長崎は五島列島へ。

三宮から長崎行きの夜行バスで向かい、長崎港からフェリーで100km 3時間半の旅。

いざ!
d0085790_9571551.jpg


相変わらずであるけど、ノープラン、ノーリザーブの旅で、
まず着いて港前のレンタカー屋でレンタル原付を借りる。
途中で雨に降られたりもしたけど、手足となってくれた良い相棒でした。
d0085790_9593532.jpg


五島列島は大小たくさんの島からなり、そのなかで最大なのが滞在した『福江島』
いま五島は世界遺産登録に動いているが、基本は上五島といわれる『中通島』周辺だ。
と、こんなことは現地で知ったことなので、今度は中通島に行ってみたいです。。

今回、現地の人に聞いて教えてもらった素泊まりの宿のオーナーに大変お世話になり、
オーナーは五島を活性させようと奮起してる発起人。
自分が食が好きで、飲食で働いてると話すと、五島の食材と神戸とで繋がりを!と
たいへん盛り上がり、市会議員を交え、地鶏や、市会議員さん自身の畑に連れてってもらい、
それはそれはローカルに刺激と希望に満ちた時間になりました。

d0085790_1094159.jpg

オーナーが作ってくれた『五島そば』
地鶏のダシで濃厚汁。かなり美味しいです。

d0085790_10104856.jpg

議員さんが晩御飯で作ってくれた『特製 鯵丼』
少し甘めのタレと、タマゴ、新鮮なアジがサイコー!

d0085790_1013831.jpg
d0085790_10125193.jpg

議員さんと、養鶏員さん。
地鶏の名前は『さざなみ』
これはオスで柄がさざ波に似てるから。メスはカラスのような真っ黒な鶏でした。
地元産物に掛ける希望と情熱。地方の農業の熱さを感じました。
後日、丸まま1匹(もちろん捌いて)送ってもらう手だてにしました。

d0085790_10181349.jpg
d0085790_1018261.jpg

これ、なんの畑か分かりますか?
生姜です。僕も初めてみました。
議員さんの個人畑で、お店で使うジンジャーエールの生姜として取引予定。
ニンニクも作っていて、国産ニンニクが格安で手に入りそう・・・


あとの五島日和はバイクで観光地やら、地元人から聞いたスポットを散策。
やはり海!山!隠れキリシタンを支えた教会。
遣唐使の時代、ここが日本最後の寄港だったので空海聖人の足あとも多く。
d0085790_10233546.jpg
d0085790_10232135.jpg
d0085790_1023586.jpg
d0085790_10265838.jpg
d0085790_10264358.jpg
d0085790_10261768.jpg
d0085790_1025549.jpg
d0085790_10252647.jpg
d0085790_10251522.jpg
d0085790_10245422.jpg
d0085790_10243953.jpg
d0085790_10242941.jpg
d0085790_10241942.jpg
d0085790_1024854.jpg




夜には鬼岳という天文台に行き、なんと300円でドームから天体望遠鏡で観測。
天体望遠鏡を初めて覗いたのですが、そこに映る星はダイヤモンドの輝き。
でも望遠鏡が無くても肉眼で満天の星と、天の川まで見れてメルヘン師匠になれました。
星も太陽も、西に沈むので今日のそれは自分が最後の見送り人。
そんな地理的なこともなんともいえない思い出です。

五島列島は日本で最後に夕日が沈む場所です。日本最後の夕日海岸『高浜海水浴場』。
日本渚100選でもあり、遠浅の素晴らしい海岸です。
d0085790_10343545.jpg
d0085790_10341982.jpg



人と空気と食べ物がとても優しかった五島。
夏休みに田舎に帰った子供のような気持ちになれました。

また来るね!
さらば、福江!
d0085790_1036249.jpg

[PR]

by rokkodaiterasu | 2010-09-02 10:36 | 出掛けモノ


<< 夕焼けと悪人      久々の食べ物ネタですが。 >>